[DARPA Robotics Challenge]SCHAFT S-ONE “Vehicle” Trial

SCHAFTチームの車運転トライアルの様子.実際に走り始めるのは2:30くらいから. 金網越しなので映像汚いです.

I’m not a member of SCHAFT. But, I heard some informations about their robot at site.
This robot is remotely controlled. Communication speed is limited to 100 kbps in the provisions of the challenge.
Operator sets a point to touch down a foot on each step based on scanned 3D-map. 3D-map is large data, and communication limit is very low. Therefore, it takes time to each step.

シャフトのメンバーではないですが、現地で幾つかロボットについて聞いてきたので書いておきます。
まず、ロボットは遠隔操作です。ただし、通信帯域が大会の規定により100kbpsに絞られています。
ロボットが取得した三次元環境地図をもとに、オペレータが足の付く位置を指示して歩行するとのこと。この三次元環境地図のデータが巨大なので、通信制限も相まって歩行やらが遅くなっているそうです。